脱毛豆知識

電気鍼脱毛のはじまり

毛穴の奥に電極を差し込んで、毛根細胞を電気で壊してしまう電気鍼脱毛。
この脱毛法が初めて開発されたのは1875年のことです。
確かに脱毛効果は高かったのですが、痛みを伴う点と非常に時間がかかる点が問題でした。痛みに関してはその後の技術の進歩で今ではずいぶん緩和されましたが、やはり肌に直接電気を通すのですから無痛というわけにはいきません。
また、施術後に肌に赤みが出たり腫れたりということもあるようです。

その後もっと肌への負担が軽い医療レーザー脱毛などのほかの方法が普及したこともあり、電気鍼脱毛は脱毛が難しい場所の局部的な脱毛などに使用されることが多くなりました。

医療レーザー脱毛について詳しく知りたい方はこちら

レーザー脱毛がキレイな理由

カミソリでムダ毛を除毛なさっておられる方も多いと思いますが、毛の太い方はどうしても毛穴の黒さが目立ちがちではないでしょうか?
特に肌の白い方ほど目立ってしまいますね。

カミソリによる除毛は、表皮の外に出ているムダ毛しか剃ることができません。このため、除毛後の肌を顕微鏡で拡大してみると、「伐採した木の切り株」のように毛の根元が肌に残っています。これが黒いブツブツに見えてしまうのですね。

その点、レーザー脱毛はムダ毛を根こそぎ脱毛してしまいます。だから脱毛後の肌が美しいのですね。毛穴を引き締めるアフターケアだけはお忘れなく。

脱毛のタイミング

肌の露出が多くなる季節の前に脱毛・除毛などムダ毛のケアをするのは常識ですが、脱毛・除毛の方法によって事前の準備期間が必要だということをご存知ですか?

たとえばワックスやテープによる脱毛は、施術の直後は毛穴が開いた状態のため、数日間は殺菌処置が必要です。また毛穴を引き締めるためのアイシングも行い、患部を落ち着かせる必要があります。
「見られる前日」に処置したのでは手遅れということですね。
ただしカミソリなどの除毛は、処置後にあまり日数が経過すると毛穴から短いムダ毛が伸びてきてしまいます。このへんの加減が難しいところです。
その点、医療レーザー脱毛などクリニックでちゃんと施術を受けた脱毛法は非常に効果が長持ちします。

色素沈着について知りましょう。

ケガをしたりヤケドをしたりした部分の皮膚の色が濃くなるという経験をしたことはありませんか?

これは、傷ついて炎症をおこした皮膚の周辺に色素が多く集まって、炎症がおさまっても色素がそのまま沈着してしまったことによります。これが「色素沈着」という現象で、日焼け後のシミ・ソバカスなども色素沈着の一種です。
一般的には皮膚の回復とともに色素沈着も解消しますが、皮膚のコンディションによってはそのまま色素が排出されず慢性的に定着してしまうことがあるのです。ですから美白用美容液などは色素の排出を促す働きを持っています。

脱毛に際しては、肌の美容面のこともちゃんと考えなくてはいけません。
ですから医師が診断・施術してくれる脱毛クリニックの方が安全だといわれるのです。

脱毛のアフターケアと日焼けのカンケイ

レーザー脱毛の施術をしてもらった後、「数日間はあまり日焼けをしないようにしてください」といった注意を受けることがあると思います。特に夏場は陽射しの強い場所に長時間滞在しないようにしましょう。

肌にレーザー光線をあてて、色の黒いムダ毛や毛根部だけにダメージを与えるのがレーザー脱毛の原理。肌はレーザー光線を反射するのでヤケドすることはないのですが、やはり強い光の影響をまったく受けないというわけではないのです。「日焼けしやすい状態」になっている、と考えれば良いでしょう。そこへ強い陽射しを急に浴びると、想像以上に日焼けをしてしまう可能性があるというわけです。

必要以上の日焼けは美容の大敵。シミやソバカスの原因となるので要注意です。
PAGE TOP

クリニックのご案内

西鉄福岡天神駅、
地下鉄空港線天神駅より  徒歩5分

診療時間:12:00~20:00

医療レーザー脱毛とは?
医療レーザー脱毛 よくあるご質問
医療レーザー脱毛人気部位TOP3

まずは気になる部位から、脱毛を始めてみませんか?
お客様に人気があるのは、特に下記3つの部位です。その他の部位についても細かくメニュー化していますのでお気軽にご相談ください。

両わき

施術後、手入れがほぼ不要になったと好評。

1回/¥8,620-

ヒザ下

一年中、いつもつるすべの足を目指して。

1回/¥52,920-

ヒジ下

人に見られるヒジ下もお手入れできます。

1回/¥42,120-

その他部位、料金についてはこちら >>
医療レーザー脱毛リアル体験ストーリー
Staff Blog
取り扱い 美容ケア製品
グリーンサイトライセンス

サイト運営を通じて環境貢献活動を推進します

世界の子どもにワクチンを日本委員会